出産の時の痛みはハンパね~

Pregnant women are close to birth

私は2人の子供を産みましたが、どちらも膣分娩でした。

ありがたい事に、普通分娩で産む事が出来たのです。

実は、何も知らなかった頃には帝王切開の方が良いと考えていました。

だって、出産は鼻の穴からスイカを出す痛みと聞いていたからです。

恐ろしいですよね。

でも、帝王切開なら、麻酔かけて寝ている間にお腹を切ってもらえて知らない内に赤ちゃんが産まれるわけで、起きたら終わってるのだから痛くない、と安直に考えていたんです。

でも、そんな浅はかな考えを主人の母に話したら、絶対に普通に産めるなら普通分娩で産むほうが良いと言われました。

お腹を切るなんて、しなくて済むならそのほうが良いと。

主人の母は、昔何かの手術でどこかを切って、その術後の痛みに苦しんだと言ってました。

そうなんだ、産んでからが痛いのか、麻酔してるから、痛み止め飲めるからという考えは甘いのかと思い、もうそんな事は言わなくなりました。

実際、出産となり経膣分娩で産んだのですが、それはそれは腰が痛くてたまりませんでした。

産む事よりも、産むために骨盤を開いていく段階がすごく辛かったのです。

陣痛って、お腹が痛いんじゃないのだと初めて知りました。

腰が壊れるかと思ったのが懐かしいです。

そして、腰が割れそうな痛みがちょっと落ち着いた時には、もう頭出てますよと言われ、産まれた時にはもう感覚が麻痺していてなんだか良く分からなくなってました。

頭出てますよ、辺りからは痛くなかった気すらします。

出産は辛かったけど普通分娩だと終えたら後が楽でした。

帝王切開でないとならない理由がない限り、お腹なんて切るものではないですね。

どこも悪くないのにお腹なんて切るのは大変なことですから、赤ちゃんのためと思わなかったらとてもじゃないけど出来ませんね。

帝王切開して出産した姉は、お腹の切った後の痛みがとても辛かったと言います。

痛みの種類は違うけど、帝王切開も赤ちゃんを無事に産むための立派な出産ですね。

あと、妊娠中に絶対に妊娠線を作らない!と毎日がんばってケアしたおかげで、何とか妊娠線ができずに済みました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする